結婚式の二次会といえば、いろいろな人が出席する結婚式とは違い、仲間が多くリラックスした中で行うパーティーの様なものが多いと思います。

そこで、単に飲んで食べてだけではつまらないものであり、余興は付き物です。そして、その余興で最もポピュラーに行われるのがクイズではないでしょうか?

もっとも手軽であり、多くの出席者に喜ばれ、楽しむことができるものだからこそ、クイズが挙げられます。では、その余興で行われるクイズはどの様な内容が盛り上がり、またどの様なクイズが盛り下がるのでしょうか。

二次会を楽しく過ごす男性達のイメージ

盛り上がるクイズは?

盛り上がる為のキーワードは「意外性」。二次会に出席している人は新郎新婦とわりと身近にいる人が多く、その出席者が驚く様な内容を用意する事が必要でしょう。

例えば、今は痩せている新郎が「新郎は中学生時代は何部に所属していたでしょうか?」という問題の答えが「相撲部」であれば、中学時代を知らない人からは驚きの声が上がる事でしょう。

新婦に対しても背が小さい可愛らしい新婦に対して「新婦の○○さんは小学校時代のあだ名は何と呼ばれていたでしょうか?」という問題の答えに「パンダ」であれば、それも驚くはずです。

クイズに昔の写真を結び付ける

このように新郎新婦の現在と昔の外見が大きく異なるとすれば、通っていた小学校の集合写真をスクリーンに映して「○○さんはどこにいるでしょうか?」という問題を出すことにより、まるで別人のようになったという意外さを示すこともできます。

想像できない過去や珍しい趣味など「新郎・新婦の意外な一面」をテーマにすれば、面白いクイズを作れます。

クイズの注意点

やはり、場所は二次会ですので、新郎新婦と関係ない問題であったり、誰も正解できないような内容になってしまっては面白さがなくなってしまいます。

また、出席者が不快に思う問題は控えた方が良いです。「新郎が今までに付き合った女性の数は何人でしょう?」など、恋愛や性的な事柄をテーマとする問題を出す事は非常識です。

また、二人が遭遇した事件・事故など、嫌な過去を思い出してしまうテーマも、結婚式二次会の余興としてはふさわしくありません。

要事前確認

友人が出題する場合、新郎新婦が知られたくない事柄を問題にしてしまうかもしれません。趣味などの些細なことでも、「こういうクイズを出してもいい?」と事前に尋ねておくことはマナーです。

結婚式二次会がより盛り上がる余興にするためにも、誰もが楽しめる、意外で面白いクイズを出すことが大切です。

二次会のクイズ内容のキーワードは意外性

■【二次会 景品】結婚式の二次会の景品がここで全て揃います!
■二次会・忘年会の景品専門店|景品本舗
■URL:https://k-hompo.com/