色とりどりのプレゼントの箱

「飲めない」と言いにくいことも

二次会では、乾杯がつきものですよね。でも、お酒が飲めないとつらいものがあります。最近では、ひと昔前と比べれば飲めないことを言いやすい空気にはなってきていますが、周りが酒豪の人ばかりというような場合は、なんとも言い出しにくいものです。

乾杯をする際にソフトドリンクの用意に時間がかかって、なかなか始められない、なんてことになったら申し訳なく思ってしまいますよね。

そんなとき、どうしたらいいでしょう。

まずは一口だけ飲んでみる

アルコールをまったく受け付けられない、という人は別ですが、一口ぐらいなら大丈夫という場合は、最初の1杯は周りの人と同じドリンクを持ち、少しだけ口にして、乾杯をスムーズに進めさせるのも気配りのひとつです。

このとき、飲んだふりでもいいでしょう。ただし、乾杯のあとにさらに勧めてくる人や、「飲んでないね」などと突っ込みを入れてくる人もいるので、そんなときは正直に飲めないことを言っておきます。

飲めないのは悪いことではない

でも、お酒が飲めないということは、別に悪いことではありません。罪の意識にとらわれる必要もないのです。そもそも、二次会を主催する側は、そういう人もいるということを想定して準備するべきで、飲めない人が居心地の悪い思いをするようであれば、気遣いが不足しているということです。

ですから、お酒が飲めなくても気にしないで、ソフトドリンクを頼みましょう。前もって主催者側に伝えておけると、尚いいですね。

飲めないと言うことのメリット

飲める人ばかりの二次会では、ソフトドリンクを頼みにくいこともありますが、もしかしたら自分のほかにも飲めない人がいて、つらい思いをしているかも知れません。

ひとりが「お酒が飲めない」と言い出だすことで、ほかの人を救うことになる場合だってあるのです。それに、気を使って無理にお酒を飲んで、万が一体調を崩すようなことがあれば、そのほうが周りに迷惑をかける結果になってしまいます。

飲めないものは飲めないのですから、空気を読みすぎず、正直に言いましょう。

お酒が飲めない場合に二次会で気をつけること