結婚式の二次会に呼ばれたけど何を来て行ったらいいのかわからない。結婚式だから正装のほうが良いのか、二次会だからカジュアルな格好で良いのか迷いますよね。

そんなお悩みをお持ちのかたに、結婚式の二次会でのドレスコードについてご紹介します。これを読めば、もう二次会の服装で悩むことはなくなりますよ。

乱雑に置かれた二次会の景品のイメージ イラスト

1.場所

二次会を行う場所によって服装の選び方が異なります。

式場内のレストランやホテル

結婚式の延長と考えて、正装で臨まれたほうが良いでしょう。女性ゲストはドレスとパンプスが基本です。新婦より目立つような色のものはNGです。

男性ゲストはダークスーツに白またはシルバーのネクタイが基本です。ネクタイの色に合わせたポケットチーフがあるとワンポイントになります。

レストランやダイニング

少し砕けたパーティーと考えて、セミフォーマルな装いを選択すると良いでしょう。女性ゲストはシルクのドレスやワンピースがおすすめです。

あまりカチッとしていないもののほうが浮きにくいです。男性ゲストはスーツにネクタイが基本です。シャツやネクタイは白でなくても良いので、自分に合ったおしゃれなものを選ぶと良いでしょう。

カラオケBOXや居酒屋

内輪での会になることがほとんどなので、カジュアルな格好でOKです。少しキレイめな格好が無難です。女性ゲストはワンピースに羽織りものがおすすめです。

男性ゲストはシャツにジャケットが無難な選択です。くれぐれもジーンズを履いていかないようにしましょう。

2.新郎新婦との間柄

上司や先輩の場合

女性ゲストは紺やベージュなど、定番の色を選んだほうが良いでしょう。男性ゲストは白のシャツに白またはシルバーのネクタイがおすすめです。

友人や後輩の場合

女性ゲストは浮かない程度の色味のあるドレスでも良いでしょう。ヘアアクセサリーやピアスなどで個性を出すのもおすすめです。

男性ゲストはシャツやネクタイの色で個性を出しても良いでしょう。セミフォーマルの場合はノータイでもOKなこともあります。

結婚式の二次会での服装についてご紹介しました。参考にしてみてください。